ピルで女性ホルモンをコントロールできる?

病気の治療にも使われる低用量ピル

女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合した薬がピルです。ピルを服用している期間は、排卵が止まります。

さらに子宮内膜の増殖を抑える作用があり、受精卵を着床しにくくするので、正しく飲んでいれば、ほぼ100%に近い確率で避妊効果があるといわれます。

ピルを飲むことで得られる効果は、避妊だけではなく、ピルを飲んで女性ホルモンのバランスをよくすることにより月経周期が整いますので、生理痛に悩んでいる女性にもおすすめです。

子宮内膜の増殖を抑える効果で、月経の際の痛みや、出血量が抑えられたりします。ピルの飲み方を工夫すれば月経の日を調節することもできます。その他にも個人差はありますが、ニキビや肌荒れ、多毛の改善、肌の老化防止などの効果もみらるようです。

1999年から日本でも使われるようになった低用量ピルは、薬に含まれる卵胞ホルモンの量がそれまでにもあった中用量、高用量のピルより少なく、副作用がほとんどありません。避妊薬としてではなく、月経困難症や月経不順、PMS、子宮内膜症などの治療に使われることも多くなっています。

低用量ピルは人によっては副作用が出ることも

低用量ピルは副作用がほとんどないと言われていますが、薬ですから人によっては飲みはじめたと時に、頭痛やむかつきを感じたり、むくんだり、乳房が張ったりすることもあります。中にはバストアップのために服用する女性もいるようです。

でも、それも服用を続けるうちに体が慣れてなくなるようですが、治まらない方は医師の診断を受けて体に合うものを処方してもらうのがいいでしょう。

低用量ピルの服用に注意が必要とされるのは、35歳以上でタバコを吸う方です。1日に15本以上喫煙している人は要注意です。なぜなら、血管に血のかたまりがつまる血栓症になるリスクが高くなると言われているからです。その他に、乳がんや子宮頸がん、子宮体がんにかかっている人、高血圧、ひどい頭痛もち、肝臓や腎臓、心臓などの疾患のある人なども、服用には注意が必要です。

ただ、日本人には血栓症などの大きな副作用が起こるのはまれのようですが、服用が可能かどうかは、その人の症状によっても異なります。低用量ピルを購入するには婦人科を受診して処方してもらわなくてはならないので、気になることは医師とよく相談しましょう。

自分の体にあったピルを見つけて効果的に活用しましょう

妊娠をすぐに希望していないのであれば、副作用もほとんどなく長期間服用できる低用量ピルは、月経にともなう不調を改善し、よりよい生活を送るためにとても効果的な薬です。

低用量ピルの服用をやめれば排卵が起こり、妊娠できる状態になります。
日本ではまだまだ活用する人は少ないですが、月経にまつわる不調が強く、毎月生理痛で辛い思いをしているのなら、低用量ピルを使うのもひとつの方法です。

3週間飲んで1週間休む21錠タイプと飲み忘れを防ぐために1週間は偽薬を使って毎日飲み続ける28錠タイプがあります。ホルモン量の違いなどで、いくつかの種類があります。

医師と相談をして自分にあったピルを見つけて、より快適な生活を手に入れましょう。定期的に医師の検診を受ければより安心です。

ホルモン剤

低用量ピルの他にも、女性ホルモンを含んだ薬や、ホルモンの分泌や働きを抑える薬など、様々なホルモン剤があります。子宮内膜症などの治療に用いられるほか、乳がん治療に使われるものもあります。

低用量ピルは月経にまつわる様々な不調に効果がありますが、閉経前後の更年期の不調には足りなくなった女性ホルモンを補うホルモン補充療法(HRT)という治療法が行われます。

HRTで使われるホルモン剤にも色々なタイプがあります。どんな薬にも様々なタイプがあります。どんな薬にもいえることですが、自分の使う薬の効果や副作用、特徴をよく知ったうえで、服用することが大切ですね。

関連記事

おすすめ特集!

ピックアップ記事

  1. セックスをして性器(男性:ちんこ・ペニス/女性:まんこ・ヴァギナ・クリトリス)に違和感がある・・・。…
  2. ニキビ治療薬をできるだけ安く購入したい方はこちら ニキビ治療薬の商品説明 ニキビ治療薬の効果…
  3. 薄毛の人にメタボが多い理由とは? 抜け毛が気になるあなたは肥満では? 薄毛の男性という言葉から想…
  4. 緊急避妊薬(モーニングアフターピル)をできるだけ安く購入したい方はこちら ピルを飲み忘れてしま…
  5. クラミジア治療薬をネットでできるだけ安く購入したい方はこちら クラミジア感染症の流行 10代…
  6. 生活習慣を要チェック 男性型脱毛症(AGA)は、「脱毛」そのものではなく、「脱毛になりやすい体質」…

CHECK!!

  1. 2018-10-5

    月経前症候群(生理痛)体と心に出る症状とは?

    月経(生理)の前にあらわれるさまざまな不快症状とは? 月経(生理)がはじまる1週間ぐらい前から、イ…
  2. 2015-5-24

    にきびや吹き出物の予防は、こまめな洗顔で清潔を心がけることが大切

    にきびや吹き出物の予防は、こまめな洗顔で清潔を心がけて にきびはつぶさない 青春のシンボルといわ…
  3. 2015-1-24

    肥満は美しさの敵だけでなく、健康にも大敵!そんな方にはダイエット医薬品「ゼニカル」がおすすめ!

    ダイエット医薬品をできるだけ安く購入したい方はこちら 肥満は美しさの敵だけでなく、健康にも大敵…

What’s New

ページ上部へ戻る