美白化粧品でどこまで肌は白くなる?スキンケア(シミ・シワ取り)アイテムをネット通販!

スキンケア(シミ・シワ取り)アイテムをできるだけ安く購入したい方はこちら


美白化粧品でどこまで肌は白くなる?

スキンケア(シミ・シワ取り)アイテムは効果が強いからこそ、使い方に注意!

美白効果の化粧品はとても人気です。透きとおるような白い肌になりたい、シミやくすみを取りたい人がそれだけ多いのでしょう。普段使っている化粧品のラインで美白化粧品までそろえて、毎日使っているという人もいるようです。

でも、肌が白くなるということは、普通の化粧品に比べると効果が強い、つまり肌にも刺激が加わっているということなので、使用する際には気をつけなければいけません。

例えば、美白化粧品に含まれる成分のひとつ、ビタミンC誘導体などは、皮膚科で市販されているドクターズコスメなどに使われています。安全性、効果が高い注目の成分です。水溶性のビタミンCにリン酸を加えて安定化させたもので、角質のなかまで浸透しやすくなっていて、メラニン色素の生成をおさえる働きがあります。

ただし、美白化粧品には高濃度で配合されていますから、つけすぎには注意しましょう。肌の乾燥をまねくこともあります。
潤いを創りだし取り込むから、毛穴、もう悩まない。「米肌~まいはだ~」


角質除去による美白はメリットもデメリットも

年齢とともにターンオーバーのスピードはだんだん遅くなり、古い角質が肌の上にとどまってくすみをまねきます。ある程度の年齢になったら、定期的に角質除去をして肌をリセットするのはいいと思います。

ただし、そのときに注意してほしいのは、その頻度です。とくに、ピーリング作用のある成分、AHA(アルファヒドロキシ酸)やBHA(ベータヒドロキシ酸)、またフルーツ酸(リンゴ酸、クエン酸など)などをつけすぎると肌が乾燥してしまいます。

もともと、ピーリングは、古い角質を溶かして強制的に取り除くという行為です。それによって、新陳代謝がうながされて肌のターンオーバーがはやまります。

同時に、美白化粧品にはメラニン色素に働きかけるような美白成分配合の美容液が投入されています。肌がつるっとして白くなったような感じを得られるのはこのためです。

自然のターンオーバーではなく、美容液によって無理やり角質を取り除くために、毎日繰り返すと、肌そのものが薄くなり、バリア機能も落ちていきます。
自ら潤う、キメ細やかな透明肌へ。新発想スキンケア「米肌~まいはだ~」


連日使用は肌をいためてしまう!?

美白化粧品を効果的に使うには、その化粧品の使用法を守ることです。週に1回と書かれているのに、連日使用したりすると、肌はボロボロになってしまいます。また、使用後は保湿ケアをきちんとして肌をガードするのを忘れないでください。

クレンジング剤から乳液まで、美白化粧品のラインでそろえているときには、乳液などに保湿成分が入っているかどうかをよく確認してください。

また、美白化粧品の中には、気になる部分だけにスポット的に使うものもあります。そういうタイプのものは、顔全体に使ってしまうと、乾燥や肌トラブルのもとになります。頻度や使い方の細かい注意書きもきちんと読んでから使うようにしてください。

ターンオーバーのサイクルは28日間です。新しい美白化粧品を試すときは効果を見るために3週間使い続けたら、いったんやめて肌の様子をみましょう。
毛穴レス&テカリ知らず肌をひと塗りでカバー!KOSE米肌【澄肌CCクリーム】


昔の日焼けには効果なし

美白化粧品で、「どの程度まで美白が可能か」と尋ねられることも多いのですが、実際には判断が難しいところです。肌の浅い層に最近できた日焼けなら、美白化粧品でも効果あるかもしれません。ピーリング作用のある成分が入っている化粧品を使えば、角質に対してピーリングがほどこされます。角質をはがすことで、細胞の活性化をうながしますので、浅いところにできたシミには効果があるかもしれません。

でも、肌の深いところにできて長く沈着しているシミを消すのは難しいのです。皮膚科の治療には、薬剤を使ったケミカルピーリングや、光治療、レーザー治療があります。美白化粧品よりもシミを薄める効果は高いので、どうしても気になるときは一度、皮膚科専門医に相談してみましょう。
すっぴん美肌になりたい人へ。正しい泡洗顔「米肌【肌潤石鹸】」


ピーリングをうけるときの注意点

ピーリングはとくに禁止事項はありませんが、初夏から盛夏にかけて、また、真冬にうけるのはさけたほうがいいでしょう。ピーリングすることで、一時的に角質層が薄くなるため、初夏の強い紫外線をガードすることが難しくなり、シミをできやすくしてしまいます。また、ピーリングをうけた肌は一層乾燥しやすくなっていますから、乾燥している真冬にはおすすめしません。

いずれの場合も、医師から細かい指導があると思いますので、きちんとしたがってください。



関連記事

おすすめ特集!

ピックアップ記事

  1. セックスをして性器(男性:ちんこ・ペニス/女性:まんこ・ヴァギナ・クリトリス)に違和感がある・・・。…
  2. ニキビ治療薬をできるだけ安く購入したい方はこちら ニキビ治療薬の商品説明 ニキビ治療薬の効果…
  3. 薄毛の人にメタボが多い理由とは? 抜け毛が気になるあなたは肥満では? 薄毛の男性という言葉から想…
  4. 緊急避妊薬(モーニングアフターピル)をできるだけ安く購入したい方はこちら ピルを飲み忘れてしま…
  5. クラミジア治療薬をネットでできるだけ安く購入したい方はこちら クラミジア感染症の流行 10代…
  6. 生活習慣を要チェック 男性型脱毛症(AGA)は、「脱毛」そのものではなく、「脱毛になりやすい体質」…

CHECK!!

  1. 2018-10-5

    月経前症候群(生理痛)体と心に出る症状とは?

    月経(生理)の前にあらわれるさまざまな不快症状とは? 月経(生理)がはじまる1週間ぐらい前から、イ…
  2. 2015-5-24

    にきびや吹き出物の予防は、こまめな洗顔で清潔を心がけることが大切

    にきびや吹き出物の予防は、こまめな洗顔で清潔を心がけて にきびはつぶさない 青春のシンボルといわ…
  3. 2015-1-24

    肥満は美しさの敵だけでなく、健康にも大敵!そんな方にはダイエット医薬品「ゼニカル」がおすすめ!

    ダイエット医薬品をできるだけ安く購入したい方はこちら 肥満は美しさの敵だけでなく、健康にも大敵…

What’s New

ページ上部へ戻る