そもそも低用量ピル・避妊ピルってどんな薬?何でできてるの?

低用量ピル・避妊ピルをできるだけ安く購入したい方はこちら


そもそもピルってどんな薬?何でできてるの?

2種類の女性ホルモンを化学的に合成した経口避妊薬

triquilar「ピル」とは、女性が飲む避妊薬(経口避妊薬)のことで、1960年にアメリカで初めて承認されてから急速に世界中に広がりました。今では世界中で1億人以上の女性が利用しているといわれています。

ピルは、女性の卵巣から分泌される2種類の女性ホルモン(黄体ホルモンの「プロゲステロン」と卵胞ホルモンの「エストロゲン」)を合成して化学的に作られています。

高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルの違いは含有されているホルモンの量によって分類されます。
ピルの飲み方は、21日間は連続して女性ホルモンが含まれた実薬を服用し、その後7日間はピルを飲むのを休む(休薬)か、女性ホルモンが含まれていないプラセボ(偽薬)を飲みます。

この合計28日間のサイクルを「一周期」とします。休薬中かプラセボを飲んでいる2~3日目から、生理に似た出血(消退出血)が起こります。

日本でピルが承認・発売されたのは、世界の先進国の中ではもっとも遅く、アメリカに遅れること約40年後の1999年でした。男性の勃起不完全治療薬「バイアグラ」がたった半年後という早さで承認されたことを思うと、ピルの承認には異常なほど長い時間がかかりました。

ピルを承認、発売することで性のモラルが乱れるのではないか、ピルがコンドームに代わることでエイズが蔓延するのではないかなどと危惧されたという背景もあるようです。

高用量や中用量のピルは、日本ではもともと生理不順などの治療薬として使われてきました。避妊に関しては長年、コンドームが主流で、男性主導の形で行われてきましたが、ピルが発売されたことで、女性主導の避妊を行える環境が整いました。

日本にピルが登場してからピルを飲む女性は増加を続けていますが、世界の普及率に比べるとまだ非常に低く、ヨーロッパやアメリカのみならず、韓国や中国などのアジアの国よりも低いのが現状のようです。


低用量ピル・避妊ピルの商品説明

低用量ピル・避妊ピルの効果効能・副作用・服用方法(飲み方・使い方)

当サイトでは低用量ピル・避妊ピルの効果効能、副作用、服用方法(飲み方・使い方)などは、記載できません。使用の際も医師の指示に従ってください。
※薬事法に抵触するため、当サイトが服用方法、飲み合わせについてご案内をすることはいたしかねます。低用量ピル・避妊ピルを使用の際も自己責任にてお願いを申し上げます。
低用量ピル・避妊ピルの副作用や服用方法(飲み方・使い方)を知りたい方はこちら


当サイトはお得に購入できる低用量ピル・避妊ピルのネット通販方法を紹介しています。

低用量ピル・避妊ピルのネット通販は、「理由があって病院に行けない」「同じ低用量ピル・避妊ピルなら少しでも安く買いたい」そんな方にピッタリの方法です。ですが、低用量ピル・避妊ピルをネット通販できる方法は現時点では、主に薬の個人輸入代行業者を利用するということになります。


薬の個人輸入代行業者のとは?

薬の個人輸入代行業者の選び方

個人で海外から直接低用量ピル・避妊ピルの輸入をすることは手続きや税関、現地との言葉の壁など、とてもハードルが高くなります。そんな面倒をすべてを代行してくれるのが薬の個人輸入代行業者です。でも、処方がない医薬品のネット通販は違法では?と思う方もいるでしょう。

ですが、今の薬事法では個人が使用する目的で、規定内の分量であれば処方箋無しに低用量ピル・避妊ピルを購入するのは合法です。今回も薬の個人輸入代行業者が低用量ピル・避妊ピルを直接あなたに販売しているわけではありません。あくまでもあなたに変わって低用量ピル・避妊ピルを海外から代理購入して送ってくれるということになります。

ただし、あなたが他の方に転売や譲る行為は違法になります。そして、もちろん購入に関するトラブルもすべて自己責任になりますので、低用量ピル・避妊ピルのネット通販の利用は十分に理解をした上で活用しましょう。

医薬品のネット通販は正しく利用すればとても経済的で便利な方法です。

薬の個人輸入代行業者はさまざまです。個人でやっている方から、会社組織のところまでありますから、きちんとした信頼できる業者を利用することをおすすめします。


薬の個人輸入代行業者を選ぶポイント

薬の個人輸入代行業者を選ぶ際は、下記の条件は必須項目

・クレジット決済が可能※01
・支払方法に選択肢がある(クレジット・銀行振込・FAX注文など)※02
・所在地が明記されている
・連絡先の記載
・送料の記載がきちんとされている※03
・梱包は商品名なしなどのプライバシーに配慮をしてくれるのか?
・メーカー正規品保障の記載があるか
・荷物番号検索が可能か
※01 クレジット会社の審査が通っている時点で安心できる業者ということになります。
※02 薬の個人輸入代行業者の利用は、代引きは不可で、前払いが基本。
※03 1点から全国送料無料のところを利用する

この条件が当てはまっている代行業者なら低用量ピル・避妊ピルのネット通販で利用しても大丈夫でしょう。

上記の条件を満たしている低用量ピル・避妊ピルの薬の個人輸入代行業者はこちら

関連記事

おすすめ特集!

ピックアップ記事

  1. セックスをして性器(男性:ちんこ・ペニス/女性:まんこ・ヴァギナ・クリトリス)に違和感がある・・・。…
  2. ニキビ治療薬をできるだけ安く購入したい方はこちら ニキビ治療薬の商品説明 ニキビ治療薬の効果…
  3. 薄毛の人にメタボが多い理由とは? 抜け毛が気になるあなたは肥満では? 薄毛の男性という言葉から想…
  4. 緊急避妊薬(モーニングアフターピル)をできるだけ安く購入したい方はこちら ピルを飲み忘れてしま…
  5. クラミジア治療薬をネットでできるだけ安く購入したい方はこちら クラミジア感染症の流行 10代…
  6. 生活習慣を要チェック 男性型脱毛症(AGA)は、「脱毛」そのものではなく、「脱毛になりやすい体質」…

CHECK!!

  1. 2018-10-5

    月経前症候群(生理痛)体と心に出る症状とは?

    月経(生理)の前にあらわれるさまざまな不快症状とは? 月経(生理)がはじまる1週間ぐらい前から、イ…
  2. 2015-5-24

    にきびや吹き出物の予防は、こまめな洗顔で清潔を心がけることが大切

    にきびや吹き出物の予防は、こまめな洗顔で清潔を心がけて にきびはつぶさない 青春のシンボルといわ…
  3. 2015-1-24

    肥満は美しさの敵だけでなく、健康にも大敵!そんな方にはダイエット医薬品「ゼニカル」がおすすめ!

    ダイエット医薬品をできるだけ安く購入したい方はこちら 肥満は美しさの敵だけでなく、健康にも大敵…

What’s New

ページ上部へ戻る