若者の年代で性病クラミジアが爆発的に感染!

クラミジア治療薬をネットでできるだけ安く購入したい方はこちら


クラミジア感染症の流行

10代後半から20代中盤の若者に最も多い性病がクラミジア

最近、10代の若者の間で爆発的に増えているといわれるクラミジア感染症は、驚くべき感染者数の増加が懸念されています。

クラミジア感染症は、初期はあまり症状が出ないのですが、症状が進むと性器の炎症が進行していきます。重症になると、卵管が癒着したり、腹膜炎をおこしたりしますが、長期にわたり病気の存在そのものに気づかないこともあります。そのせいで不妊症、流早産や母子感染を引きおこす原因にもなるといわれています。

中には妊娠を希望して産婦人科の診察を受けて、初めて感染に気付いたケースもあるようです。炎症によって卵管が癒着して、それが不妊の原因になっていたのですが、感染を自覚するまで数ヶ月から数年の歳月が流れることもあります。

クラミジア感染症の急増の原因は性行動の活発化で、それに伴って、人工中絶、流早産、子宮頸癌の若年化がおこっているとされています。

特に注目してほしいのは、女性のクラミジア感染者数で年々右肩上がりで、中絶率と低体重児の出生率は年々増加するクラミジア感染者数に平行するように、20歳未満の中絶率と2500グラム未満の低体重児の出生数が増えているといわれています。

特に20歳未満の人工中絶の件数は、全体のクラミジア感染者数がほぼ同じになっています。

今では約80人に1人ぐらいの割合で中絶を経験しているといわれています。想像してみてください。高校生の占める割合は明らかではないが、高校のクラスが男女それぞれ20名ずつで構成されていると仮定した場合、4クラスに一人の割合になるのですから、大変なことです。

年々、高3の初交経験累積率は96年より急に上昇しているといわれています。
性行動の低年齢化が進めば、それだけパートナーの数が増えるのは必然です。たとえ不特定多数の相手とセックスするような状況がないと仮定しても、最初に出会った相手のみをパートナーとする確率は、出会いの年齢が若ければ若いほど低くなりますよね。

新しい相手ができれば、当然、セックスのパートナーも代わる。

そうすると、その中のどこかでクラミジアに感染している人と出会う確率もあがることになりますよね。
不安なのは、単にクラミジア患者の急激な増加だけではありません。それよりも懸念材料になっているのは、クラミジア感染がエイズに感染する確率を非常に高くするということです。

エイズ検査も自宅で簡単件なキットはこちら

エイズ・ウイルスそのものはそれほど強い感染力をもっているわけではないので、感染者とセックスしても、必ずしも感染するわけではありません。

ですが、性器に炎症があったり、出血を伴うような激しいセックスをした場合に感染率がとても高くなります。

エイズが奇病として登場したころには、感染者の大半が男性の同性愛者と言われていました。その原因は単純で、同性愛者の場合が、出血を伴う肛門セックスが性行為の中心を占めていたからです。

直腸の内側は単層円柱上皮細胞とよばれる組織になっているのですが、これは比較的もろい細胞で構成されていて、出血もしやすい。肛門セックスによって円柱上皮細胞が剥がれて出血した状況下にエイズ・ウイルスが侵入してくると感染します。

さて、クラミジアに感染すると生殖器が炎症をおこすことは説明しましたが、もう少し厳密にいえば、特にリスクを伴うのは子宮頸部です。

この部分の子宮口の周りは、円柱上皮細胞でできています。だから炎症をおこすと非常に組織がもろくなり、セックスによって出血したりすると、そこにエイズ・ウルスが侵入してくると感染しやすくなります。

クラミジアの大流行とエイズ感染の増加には大きな関連性があるのです。

もし、あなたが今までにセックスをしたことがある場合、無症状の場合も考えられます。一度検査をすることをお勧めします。たとえ感染していても、クラミジアの治療薬を服用すれば完治します。

クラミジアの検査をしたい方は、
【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!◆性病検査 STDチェッカー◆

が簡単でプライバシーも万全なのでおすすめですよ。

関連記事

おすすめ特集!

ピックアップ記事

  1. セックスをして性器(男性:ちんこ・ペニス/女性:まんこ・ヴァギナ・クリトリス)に違和感がある・・・。…
  2. ニキビ治療薬をできるだけ安く購入したい方はこちら ニキビ治療薬の商品説明 ニキビ治療薬の効果…
  3. 薄毛の人にメタボが多い理由とは? 抜け毛が気になるあなたは肥満では? 薄毛の男性という言葉から想…
  4. 緊急避妊薬(モーニングアフターピル)をできるだけ安く購入したい方はこちら ピルを飲み忘れてしま…
  5. クラミジア治療薬をネットでできるだけ安く購入したい方はこちら クラミジア感染症の流行 10代…
  6. 生活習慣を要チェック 男性型脱毛症(AGA)は、「脱毛」そのものではなく、「脱毛になりやすい体質」…

CHECK!!

  1. 2018-10-5

    月経前症候群(生理痛)体と心に出る症状とは?

    月経(生理)の前にあらわれるさまざまな不快症状とは? 月経(生理)がはじまる1週間ぐらい前から、イ…
  2. 2015-5-24

    にきびや吹き出物の予防は、こまめな洗顔で清潔を心がけることが大切

    にきびや吹き出物の予防は、こまめな洗顔で清潔を心がけて にきびはつぶさない 青春のシンボルといわ…
  3. 2015-1-24

    肥満は美しさの敵だけでなく、健康にも大敵!そんな方にはダイエット医薬品「ゼニカル」がおすすめ!

    ダイエット医薬品をできるだけ安く購入したい方はこちら 肥満は美しさの敵だけでなく、健康にも大敵…

What’s New

ページ上部へ戻る