低用量ピル・避妊ピルを服用している期間に気をつけることは?

C778_yameteanata500

低用量ピル・避妊ピルをできるだけ安く購入したい方はこちら


低用量ピル・避妊ピルを服用している期間に気をつけることは?

低用量ピル・避妊ピルを飲む以上はだれでも禁煙するのがベスト!

marvelon低用量ピル・避妊ピルを飲む際に一番気をつけていただきたい注意点は、「タバコを吸わない」ということです。喫煙は、ピルのもっとも心配な副作用である「血栓症」のリスクを167倍も高くしてしまうと言われているからです。

年齢が高くなり、喫煙本数が増えるほど、このリスクは増加していきます。日本のガイドラインでは、35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人はピルを飲んではいけないことになっていますが、それより若い人でもやはり、低用量ピル・避妊ピルを飲む以上は禁煙するのがベストです。

ここで、血栓症について説明しておきましょう。血栓症とは、血液が固まりやすくなる症状のこと。心臓の動脈で血管が詰まる心筋梗塞や、肺の動脈で血管が詰まる肺塞栓などの血栓症を発症すると、命を落とすことにもなりかねません。

もともと血栓症の発症率自体はさほど高いものではなく、日本人の場合は10万人に4人以下とされているのですが、肥満や喫煙、高血圧、家族に血栓症の人がいる場合などは、一般的にリスクが高くなるので気をつけなければなりません。

低用量ピル・避妊ピルと血栓症の関連については古くから取りざたされてきたのですが、エストロゲンの量を最小限に減らした現在の低用量ピルでは、喫煙を含む血栓症の素因がまったくない人が飲んだ場合は、ほとんど血栓症は起こらなくなりました。つまり、喫煙や肥満、高血圧などの素因が当てはまらない人なら、低用量ピル・避妊ピルの副作用として血栓症を恐れる必要はあまりないわけです。


性感染症を予防するにはコンドームを併用すること

受動喫煙でさえ、世界中で年間60万人、日本でも7千人近くが死亡しています。タバコには、血栓症以外にもさまざまな悪影響があることを考えると、必ず禁煙するようにしましょう。

喫煙と違って飲酒については、ピルを飲んでいるからといって特に問題はありません。ただ、酔ってピルを飲み忘れてしまう人も多いので、深酒はしないよう注意するにこしたことはありません。

また、ピルを飲んでいるから避妊は安心と、コンドームを使わなくなるケースが多いようですが、ピルはHIV感染(エイズ)やほかの性感染症(STD)を防ぐものではありません。これらの感染防止にはコンドームを使用してください。

低用量ピル・避妊ピルをできるだけ安く購入したい方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ特集!

ピックアップ記事

  1. BNR_std-checker
    セックスをして性器(男性:ちんこ・ペニス/女性:まんこ・ヴァギナ・クリトリス)に違和感がある・・・。…
  2. bihaku_img_71
    ニキビ治療薬をできるだけ安く購入したい方はこちら ニキビ治療薬の商品説明 ニキビ治療薬の効果…
  3. a0002_010125
    薄毛の人にメタボが多い理由とは? 抜け毛が気になるあなたは肥満では? 薄毛の男性という言葉から想…
  4. bihaku_img_45
    緊急避妊薬(モーニングアフターピル)をできるだけ安く購入したい方はこちら ピルを飲み忘れてしま…
  5. e249d38e_s
    クラミジア治療薬をネットでできるだけ安く購入したい方はこちら クラミジア感染症の流行 10代…
  6. shuan
    生活習慣を要チェック 男性型脱毛症(AGA)は、「脱毛」そのものではなく、「脱毛になりやすい体質」…

CHECK!!

  1. a0001_017214

    2015-5-24

    にきびや吹き出物の予防は、こまめな洗顔で清潔を心がけることが大切

    にきびや吹き出物の予防は、こまめな洗顔で清潔を心がけて にきびはつぶさない 青春のシンボルといわ…
  2. a0001_009102_m

    2015-1-24

    肥満は美しさの敵だけでなく、健康にも大敵!そんな方にはダイエット医薬品「ゼニカル」がおすすめ!

    ダイエット医薬品をできるだけ安く購入したい方はこちら 肥満は美しさの敵だけでなく、健康にも大敵…

What’s New

ページ上部へ戻る