マーベロンやトリキュラーなどの低用量ピルを飲めばどうして避妊できるの?

低用量ピル等を服用するとなぜ妊娠しない?

脳がホルモン分泌をストップさせて排卵を起こさなくする

避妊ピルを服用する際は、だいたい同じ時間に服用すれば、99.9%というとても高い避妊効果が得られます。ピルは今では、日本国内で行える避妊法の中で最も確実で安全性の高い方法だといえるでしょう。

では、どうしてピルを飲むことで避妊ができるのか?ここでは、その理由をわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

まず、妊娠とは卵巣から排卵が起き、卵子が子宮内で精子と受精し、受精卵になります。そして子宮内膜に着床することで成立します。

当然ですが妊娠中に、繰り返し妊娠することがないのは、妊娠中は排卵が起こらないからなのです。この原理を利用して開発されたのが避妊ピルです。

排卵は、脳の視床下部や下垂体、卵巣などが相互に影響し合って分泌される各種ホルモンによってコントロールされています。

避妊ピルを飲むと、ピルに含まれている2種類の女性ホルモン(プロゲストーゲンとエストロゲン)が血液中を循環します。脳の視床下部と下垂体がそれを完治すると、すでに血液中に十分な濃度の女性ホルモンがあると錯覚し、あたかも妊娠したかのように思い込んでしまいます。卵巣を刺激して排卵を促す必要はないと判断し、排卵が起こらなくなるのです。

これが、ピルを飲むと妊娠しない一番大きな理由です。

さらに、ピルは子宮にも作用し、子宮そのものはホルモンを出しませんが、卵巣から出る女性ホルモンの働きで、子宮内膜は妊娠した場合に備えて少しずつ厚くなっていきます。

あなたが使っている低用量・避妊ピルは本当に安い?最安値検索はこちら
・マーベロン28(Marvelon28)
・トリキュラーED(Triquilar ED)
・ヤズ(Yaz)
・ダイアン(Diane-35)
・緊急避妊ピル・i-Pill(アイピル)1.5mg


受精卵が着床するのを防止し、精子の子宮内侵入もガード!

ところが、ピルを飲むと、脳は卵巣ホルモンが十分出ていると錯覚するために、卵巣ホルモンが分泌されなくなり、その結果、子宮内膜は厚くなりません。

つまり、万一排卵が起きてしまった場合でも、受精卵が着床しにくい状態になるのです。これが、妊娠を妨げる2番目の理由です。

そして、最後は子宮頸管(子宮の入り口)での作用です。ピルに含まれるプロゲストーゲンには、子宮頸管から出る粘液の粘性を高め、精子が子宮内に入りにくくする働きがあります。

1.排卵を抑える。
2.受精卵を着床しにくくする。
3.子宮内への精子の侵入を防ぐ。

以上3つの理由のおかげで、ピルの避妊効果はより確実なものになります。

関連記事

おすすめ特集!

ピックアップ記事

  1. セックスをして性器(男性:ちんこ・ペニス/女性:まんこ・ヴァギナ・クリトリス)に違和感がある・・・。…
  2. ニキビ治療薬をできるだけ安く購入したい方はこちら ニキビ治療薬の商品説明 ニキビ治療薬の効果…
  3. 薄毛の人にメタボが多い理由とは? 抜け毛が気になるあなたは肥満では? 薄毛の男性という言葉から想…
  4. 緊急避妊薬(モーニングアフターピル)をできるだけ安く購入したい方はこちら ピルを飲み忘れてしま…
  5. クラミジア治療薬をネットでできるだけ安く購入したい方はこちら クラミジア感染症の流行 10代…
  6. 生活習慣を要チェック 男性型脱毛症(AGA)は、「脱毛」そのものではなく、「脱毛になりやすい体質」…

CHECK!!

  1. 2018-10-5

    月経前症候群(生理痛)体と心に出る症状とは?

    月経(生理)の前にあらわれるさまざまな不快症状とは? 月経(生理)がはじまる1週間ぐらい前から、イ…
  2. 2015-5-24

    にきびや吹き出物の予防は、こまめな洗顔で清潔を心がけることが大切

    にきびや吹き出物の予防は、こまめな洗顔で清潔を心がけて にきびはつぶさない 青春のシンボルといわ…
  3. 2015-1-24

    肥満は美しさの敵だけでなく、健康にも大敵!そんな方にはダイエット医薬品「ゼニカル」がおすすめ!

    ダイエット医薬品をできるだけ安く購入したい方はこちら 肥満は美しさの敵だけでなく、健康にも大敵…

What’s New

ページ上部へ戻る